TOP > WEB・Blog > Social Media Strategies Summit Boston 2012 に行ってきました
« 新しい記事 | 古い記事 »

Social Media Strategies Summit Boston 2012 に行ってきました - 2012.12.31 Mon このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク あとで読む  Check この記事についてfacebookでshareする

会社の研修の一貫なんですが、海外カンファレンスに初めて参加してきました。
初の海外出張です。まさか自分が海外出張なんかに行くと思ってなかった…。
海外旅行とはまたわけが違いますからね…。


海外旅行とかツアーパックと違うのは、ホテルから飛行機の手配から何から全部自前ってことです。
今回は、カンファレンスの申込のみ自分で、それ以外は会社が手配してくれました。
が、チケット手配や宿を押さえてくれただけなんで、そもそも空港でどうすればいいかとかは全部個人裁量です(当たり前)。

飛行機が会社の都合上なのかどうなのかわかんないけど全部ANA、現地のみUAだったので、日本人率高いかなーと思いきや。まぁ、そんな甘くはないですね、はい。

というわけで、徒然なるままに。
写真とかはこんな感じでご参考までにどうぞ。

さてさて。レポートです。

■移動全般
1.成田空港で2時間出発遅れ!
23日当日は朝から天気が悪かったんですけど、どうやら出発時刻が最も天候が悪かったようで。
ANAで日本人率は高かったからまだよかったんですけどね。
なんせ、一眠りしてもひとつも動いてない!という状況で焦りましたよ。

そして、搭乗口から離れ滑走路の上でもさらに1時間。
あれ、さっき放送で10分後に離陸って言ってませんでした?みたいな…。

おかげで2時間遅れで出発。
離陸後に言われた到着時刻は当然現地での乗り継ぐ飛行機の出発時刻より後ろでした。
ここで半分あきらめがつきました。
現地で英語でなんとか乗り継ぎ便を変えてってお願いしないと、って。

まぁ実際のところ、降りたら日本語堪能なスタッフがいて、
乗り継ぎ便も勝手に変更されてたんで、よかったんですけども…。
なんと、変更された乗り継ぎ便が3時間後出発という有様。

おかげで、初日は昼についてゆっくりとかいうつもりが、当日夜8時に到着。
海外ではそんなこともあるってことですねー。

2.空港からホテルまでどうしたらいいの?
空港からホテルまで無料のシャトルバスがあるはずなんだけど…
いくら探してもホテルのロゴもなければ、行き先もわからん。
結構ウロウロ探したり、その辺に居る人に聞いてみたり(これは上司が)したけど、
全然手がかりがもらえず。

とりあえずInformationを見つけて、もう必死で英語で説明。通じた…。
けども!なんと!知らんって言われるし!!!

まぁ、さすがにInformationだったんで、ホテルに電話してくれて、
無料シャトルバスが迎えに来てくれました。ちゃんちゃん。
あ、電話して迎えに来てくれるタイプだったのね。

ってかそういうのどっかに書いといて!!!

3.ロサンゼルス空港広すぎる
帰りのロスの空港ですけども。広すぎる…。国際線乗り継ぎのターミナルが別すぎて驚き。
これも、ほんまに夜中やったんで怖かったです、正直。
え、ほんとに出ていいの?これ出て大丈夫?でも他に行くとこないしね…的な感じ。
さらに、え、この先ですか?マヂですか?みたいなところを抜けて行ったら空港、みたいな。

ロサンゼルス空港を使うときは、事前にいろいろ調べていこうと思ったのでした。
あとで聞いたんだけど、乗り継ぎできる空港で一番大きい空港らしい。
ワシントンの空港もでかいと思ったけど、こっちのほうが上手か…。

4.羽田空港で挽回
行きのANAは2時間遅れ出発でさんざんな思いをしましたが、帰りのANAは素晴らしかった。
なんと、45分も早く羽田に到着して5時にはすでに荷物までPickupした状態で国内線乗り継ぎのところに。
ひょっとして、7:45の出発まで待つのか!ってなってげんなりしてたところ、
6:10の便は席が空いているじゃないか!ということで、ダメもとでカウンターにてお願い。
なんと、ロサンゼルス空港でチェックインしちゃってたけど取り消してもらって早めてもらえました。
おかげで、7:45には伊丹空港でリムジンバス乗ってたよ。

ほんと、こればっかりは助かりました…。

■宿泊全般
有名どころのホテルではない場合、アメリカのホテルってこういうのが多いんでしょうね。
「どこ?フロント?」っていうぐらい小さいです…フロントが。
カウンターか?ってぐらい小さい。
たぶん、ロケみつで早希ちゃんがイタリアの小さなホテルを巡りまくってたときも同じやったんですけど。
海外の小さいホテルって、「これがフロントですか?」ぐらい小さなとこが多いんでしょうね。
日本の場合はどれだけ小さくてももうちょっとわかりやすいんだけど。

でも、部屋は超広かった!!!
シングルっていうのがアメリカの場合ないんですよね。ツインから。
なので、ベッドは無駄に2つ。部屋もマジで広いし、コンセントいっぱいあるし。
机も広いしどうしたらいいの、これってぐらい。
私は旅行の時の荷物が必要最低限な人なので、部屋中散らかそうにも散らかせないぐらい広かったです。

そしてベッドがふかふか。さらに枕多いので埋もれることができます。
もうこれはちょっと幸せでした。
おかげで、2日間爆睡しました。1日目のカンファ終わりも夕食前に爆睡できたし。

これが何よりも救いだったかも。

■英語全般
1.英語の発音、精進します…
何度も痛感したんですけどね、今回のトラベル英会話で。発音が通じないの。
Hiltonも通じなかったりするし。クロワッサンはcroissantなんだけどなんて発音するのー!とか。
もう、いろいろ通じなくって、ゆっくり言ったり2回言ったり(2回目では聞いてくれる)で
結構疲れちゃいました…。

英語の発音ってどうやったら上手になるんでしょう…。

2.ヒアリングも精進します…
1回目では聞き取れなかったりもする、ネイティブの早さ。
なので、これも精進だなーと思いました。
2回目ぐらいだとなんとなくわかるんだけど…日常会話程度だったらなんとなくは理解できる。
でも、本格会話やビジネス会話、それからこういったカンファレンスのプレゼンとなるとほんとに所々しかわからない…(>_<)
自社のTechnology Conferenceも全編英語になって、参加してみて「あーれー?」って思ったけど。
まぁTechnology Conferenceの場合はほとんど専門用語の部分がわからないものが多かったから、正直チンプンカンプンな感じでしたけど、今回のはまだわかる範囲が多くってかなり頑張って聞きました。
ざっくりは掴めたからよしとする、かもしれませんが。

もっと聞けたり話せたりしたらいいだろうな〜とつくづく実感。

■カンファレンスについて
カンファレンスは、ボストンローガン空港にほど近い、ヒルトンホテルにて。
ほんとは3日間で、1日目はワークショップとかがあったんですが、
これに参加すると参加費だけでほとんど研修費を食い尽くす感じでしたのでやめました。
そもそも、WSに参加できる程英語力ないし…orz

というわけで、2日目から参加。


セミナーの内容は会社の報告資料にまとめたんですけど。
ここに載せるとものすごく大変になるので、省略します。
ただ感想としては、Facebook他Social Mediaの活用は思った以上に進んでいるなっていうこと。たぶん日本人の性格とアメリカ人の性格の違いとかもあるんだとは思いますが…。

■その他
1.Halloweenネイル、反応してもらえた!
入国審査のお兄さん反応しすぎってぐらいしてくれたんですよね。
ちょうどシーズンがハロウィンだったので、思いっきりそういうネイルをして行ったんですけど。
そしたら入国のときにアメリカは指紋を取られるじゃないですか。
そのときにめちゃくちゃ反応。"So cute!"と言われ。いやはや、してきてよかった。
加えて、ホテルのカウンターにいたおばさまにもめちゃくちゃ反応されて、気に入ったと言われ♪ どこでやったんだと言われたので専属のネイリストが居るって答えておいたけど、話題作りにこういうネイルって役立つんだなぁと思ったのでした。
狙い通り、これはバッチリ☆

2.私たち以外の唯一の日本人参加者の方と知り合いになりました
私たちは探し切れていなかったんですけど、向こうが見つけてくれて声かけていただきました。
人見知りな私としてはありがたい話です。有名な会社でよかった(違)。

Niftyの方と親会社のFujitsuの方、そしてNiftyの子会社でソーシャルメディア専門のコムニコの方3人とお名刺を交換させていただきました。
なんか、カンファ来たって感じじゃなーい?!(違)


こちらの会社の相川さんが関わっておられた調査はこちらとか。

えー!高広さんとか広告会議の川口さんとかともお知り合いだったり。
前職関係の人たちを知っていただけていたり等…。
なんか、急に身近に感じたのでした(笑)

いやはや。こういうセミナーに行くと知り合い増えるっていうけど、海外でも実現できるとは。

3.Yelp(アメリカのレストラン口コミサイト)、使えるね!
事前に宿の周りにレストランがあるか調べてたんですけど、ない!
Googleストリートビューで見まくりましたけど、Boston Commonsなんかから遠ざかってるHighway沿いの宿なので、本当に何もなかったんです。
仕方がないので、Yelpというアメリカの口コミサイトで調べてみることにしました。


そしたら出てきましたよ!評価がえらく高いイタリアンレストラン。
まぁアメリカにきてイタリアンはどうかと思いましたが、ここしかレストランがない。
それ以外は、DUNKIN' DONUTSぐらいしか見当たらないという始末で…。
なので、とりあえずここだけメモりました。

ちなみに、Yelpでの評価はこんな感じです。
さすが、結構評判がいいだけあって、まずくはなかったんですよ。美味しかったんですよ。
でも如何せん、「量がアメリカン」です。多すぎます…。

そしたら、なんと。持ち帰りにしてくれました!orz
嬉しいんですけど、どう頑張ってもお腹減らない…。すみません。
でも美味しかったんで、持ち帰りを断る気になれなくてお持ち帰りしましたー。

一応、We're stuffed! って言ったんですけどね…。
でも、総じて満足な夕食だったんでOKです。

4.iPad率高し!!!
会場は無線LANが使いたい放題だったんで、電池さえ持てばいろいろなツールでTwitもできる状態だったんですけども。
パソコンが多いのかなーと思いきや。かなりの確率でみなiPad。かなり多い。
そしてみな写真もそれで撮っちゃってるし。まぁ便利よね。
カンファ最終日の翌日がWindows8の発売日だったんで、残念な感じだったんですが、でもいないんだよ、WindowsのPC持ってる人が…。だいたいみんなiPadかMacBook Airか、MacBook Proな感じ。
海外のビジネスマンはWindows使わないんですかね?違う?

そうそう、とあるセッションのときに、前方に座ってた方が、iPadでMindmapにてセッションのメモを取っていて、どの国でも共通してそう言う人はいるんだ、と実感しました。
あー!やっぱりもっと英語できるようになりたいー!

以上、つらつらの割にはもの凄く長くなりましたけど、初めての海外出張体験レポートでした(笑)
少しでも何か参考になればありがたいですー。

Posted at 16:46 | WEB・Blog | Comment(0) | Trackback(0)

トラックバック

*トラックバックに関するサイトポリシーはこちらです。

このエントリーのトラックバックURL:

コメント